光明寺 納骨堂

所在地 / 岩見沢

竣工年 / 2017年

用途 / 納骨堂

構造 / 木造平屋

構造設計 / 山脇克彦建築構造設計

Location / Iwamizawa

Completion / 2017

Use / Ossuary

Structure / Wood

Structure Engineering / Katsuhiko Yamawaki

納骨堂と鐘楼を予算内で実現するため、一体の建築として計画した。菩提樹を移植し、道路に沿って直線的に配置することで、板塀と山門のような構成となり、囲われた寺の境内を形成した。

鐘楼は耐力を負担する格子壁で囲み、納骨堂は登り梁をあらわしとした。東西窓と北側トップライトの絞られた光と間接照明を組合せた素朴で静かな供養の場。

P1000467[2305843009214950324].JPG
P1000475[2305843009214950338].JPG